読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質オフっていうけれど

最近糖質オフの飲料などが流行っています。

 

あたかも健康的な雰囲気がありますよね。

 

ところで糖質ってなんでしょうか?

おそらくダイエットをしたいと思っている人で

この疑問に答えられる人は少ないかと思います。

 

簡単にまとめてみました。

 

糖質はご飯に含まれている

有名な事実ですが、糖質はご飯やパン、麺などに豊富に含まれています。そして糖質はグルコースブドウ糖)が結合してできています。

このグルコースが最も基本的な要素になります。

糖質が太るイメージがあるのはこのグルコースの過剰摂取が肥満の原因になるからです。

またグルコースは砂糖や果物にも含まれます。

 

グルコースが余ると脂肪になる

グルコースはエネルギー源として重要な働きをしますので、人間には不可欠の要素です。

ですが、余ってしまったグルコースは「脂肪酸」へと変換され、皆さんの大嫌いな「中性脂肪」へと進化します。

この怖い名詞中性脂肪のイメージが強すぎるため、糖質はまるで悪者のように扱われています。

だから糖質オフなんて言葉があるんです。

 

グルコースからATPができるんです

そう、ATPです。学生の頃に習いましたよね?!

ATP(アデノシン三リン酸)はリン酸が3つ付いているのでこの名前なわけですが、リン酸の結合がかなり強い力を持っています。

その結合が解消されるときに、強いエネルギーが発生するわけです。

このATPを効率良く作ってくれるのがグルコースなんですね。

だから必ず必要なものなんです。糖質は。

ちなみに脳のエネルギー源はグルコースだけです。

グルコースが足らないと頭が回らないんですね。

 

まとめ

糖質を制限するダイエットがありますが、個人的には反対です。

極度に痩せる目的があれば、糖質オフも必要かと思いますが

太らないことが目的のダイエットであれば

暴飲暴食さえしなければ、太ることはありません。

もちろん全く運動しないのであれば、話は違いますが。。。

結局ダイエットなんて

食事と運動のバランスなので、どっちかに偏っているうちは

ダイエットは成功しないと考えられます。

東京の受験事情はちょっとおかしい

東京では中学受験は当たり前。

小学受験ですら、結構な人がやっています。

塾の上手な戦略に乗って、

とりあえず塾に子供を入れています。

 

ところで受験ってなんのためにやるのでしょうか?

 

有名な中学に入るため?

有名な小学校に入るため?

 

違います。

おそらくほとんどの人が

東大、早稲田など有名な大学に子供を入れたいからだと思います。

 

そしておそらくそう考えている保護者の方は

きっとそのような大学の卒業生ではないでしょう。

 

なぜならそのような大学に入るだけでいいなら

高校生くらいでしっかり勉強していれば問題なく合格します。

塾に行かなくても、多くの人が合格しています。

 

自分がそのような経験がないため、

周りに流されて塾などに子供を入れてしまいます。

塾に行かないと、勉強についていけないと感じてしまいます。

 

ですが、考えてみましょう。

小学生の時期に

塾などで無理やり詰め込んだ知識がなんの役に立つでしょうか。

 

 

小学生の時期なら塾など行かず、もっといい経験をさせてあげたいものです。

 

大事なことなので、もう一度言います。

 

大学に合格するだけなら、塾は必要ありません。

 

 

私の投資目標(不定期)

 

 

期待リターン:6.35% リスク:19.95%
元本:300万円 総投資額:5万円 期間:30年
(期待値:7093.5 標準偏差:6814.2 中央値:5115.6 最頻値:2660.5)

by 長期投資予想/アセットアロケーション分析

 

期待リターン  6.35%

リスク   19.95%

 

とのこと。これを目標にしています。

 

ただ現実は

 

 

となっています。圧倒的に新興国株式クラスが少ない。

個別株の配当が楽しすぎで、ここ新興国株式が置いてけぼりを

食ってしまいました。

 

当面は新興国株式を増やしていけばいいことがわかります。

アセットアロケーションって投資方針の見つめ直しに最適です。

 

 

日本の医療が高いと思っている人は、物事を知らなすぎる

昨今医療ミスが増えているような報道があります。

 

そのような報道があるとまず間違いなく

担当の医師が責められます。

 

もちろん担当の医師の責任の場合もあるでしょう。

 

ただそれを決めつけることは、あまりに無知です。

 

日本の保険治療というものは

世界的に見て非常にコストが安い。

 

これを本当の意味で理解できている日本人は非常に少ない。

 

どれだけ安いかは、ネットで検索すればすぐ出てくるでしょう。

 

簡単に言うと、欧米の医療が一流レストランのそれだとすれば

日本の医療は吉野家の牛丼屋、マックなどファーストフードレベルです。

 

そんな安い報酬に対して病院は薄利多売で経営をします。

 

その結果として、医療ミスが起きてしまうわけです。

 

なぜ日本人は他人事となると簡単に責められるのでしょうか。

医者だって人間です。

1日に何十人も患者を相手にして

どれだけのパフォーマンスを発揮できるというのでしょう。

 

これは医師だけに限らず、日本の医療者すべてに言えることです。

日本の医療従事者は現在の劣悪な環境で

なんとか真摯に診療にあたっている状態です。

 

厚労省の作った国民皆保険制度はすでにほとんど破綻していて

制度を維持するために、しわ寄せが医療者に来ている状態です。

 

そして間接的に患者である国民に被害が及んでいるわけです。

 

本来は医療ミスが起こった場合、攻める相手は医師ではなく

国です。

 

早く国は国民皆保険制度に変わる制度を作るべきでしょう。

もしくは、制度を修正するべきでしょう。

 

毎月何万もの医療費を搾取されてるわけですから、

きちんとした医療制度を作って欲しいものです。

自分たちの年金やボーナスばかり増やさずに。 

 

 

スマホを少し制限しようと思います

いつの間にかスマホって

なくてはならないものになっていました。

 

そしておそらく限りなく目に悪い。

 

そしておそらく限りなく中毒性もある。

 

スマホによる健康被害は結構多いようです。

 

単純にあげただけでも

  • 目に悪い
  • 姿勢を悪くする
  • 目を使いすぎることによる頭痛、肩こり

ようは生活習慣病の一つと考えられます。

 

特に夜寝る前のスマホはかなり悪い。

 

あの強烈な光のため、睡眠の質を下げることにもつながります。

 

その結果、翌日に疲れが残るため

仕事にも支障が出ます。

 

少なくとも寝る2時間前はスマホは見ないほうがいいそうです。

 

いきなり2時間前と決めるのも難しいと思いますが

せめて1時間前には見ない方向で頑張ってみようと思います。

 

 

そろそろネット上の断捨離もしなくては。。。

少しずつだけど、ネット上の登録って増えていく。

 

まるでゴミのように。

 

いつ登録したかもわからないメールなどが届いたり。。。

 

 

結構ネット登録は簡単でも

解約はめんどくさかったりして、放置状態になってたりする。

 

思いついた時に解約しないといけませんね。

 

普通の断捨離と同じくネットの断捨離も

時期を決めて定期的にすることにしよう!

 

 

アメリカ株の手数料についてちょっと考えてみた

手数料って安いと思って投資をしていると

意外と損をしていたりします。私がそうでしたから。。。

 

私がアメリカ株で使っている証券会社はSBI証券

 

SBI証券のアメリカ株手数料についてまとめます。

  • 約定代金の0.45%
  • 下限5ドル
  • 上限20ドル

 

さらっと描いてある下限5ドルってところが結構重要です。

 

アメリカ株のいいところって

1株から買えるところだと思います。

証券会社も

1株から買える!!

みたいな感じで売りにしています。

 

ところが

 

1株から買った場合、

手数料負けしますよね!

 

例えばアップルの株は1株119ドルほどです。

 

1株のアップル株を買った場合、

約定代金の0.45%で計算すると

0.53ドルのはずです。

 

しかし

 

下限は5ドルです。

 

結局119ドルの株を買うのに、5ドルも取られてしまいます。

おおよそ手数料4.2%です。かなり大きな手数料となります。

 

ですから結局損をしないためには

1株単位で買うのではなく

1111.1111ドル以上の購入にすべきなわけです。

 

まとめ

SBI証券限定ですが

株を買うときは

1200ドル程度は買った方が得です。

1株から買えるけど、買うと損をします。