読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の医療が高いと思っている人は、物事を知らなすぎる

オピニオン

昨今医療ミスが増えているような報道があります。

 

そのような報道があるとまず間違いなく

担当の医師が責められます。

 

もちろん担当の医師の責任の場合もあるでしょう。

 

ただそれを決めつけることは、あまりに無知です。

 

日本の保険治療というものは

世界的に見て非常にコストが安い。

 

これを本当の意味で理解できている日本人は非常に少ない。

 

どれだけ安いかは、ネットで検索すればすぐ出てくるでしょう。

 

簡単に言うと、欧米の医療が一流レストランのそれだとすれば

日本の医療は吉野家の牛丼屋、マックなどファーストフードレベルです。

 

そんな安い報酬に対して病院は薄利多売で経営をします。

 

その結果として、医療ミスが起きてしまうわけです。

 

なぜ日本人は他人事となると簡単に責められるのでしょうか。

医者だって人間です。

1日に何十人も患者を相手にして

どれだけのパフォーマンスを発揮できるというのでしょう。

 

これは医師だけに限らず、日本の医療者すべてに言えることです。

日本の医療従事者は現在の劣悪な環境で

なんとか真摯に診療にあたっている状態です。

 

厚労省の作った国民皆保険制度はすでにほとんど破綻していて

制度を維持するために、しわ寄せが医療者に来ている状態です。

 

そして間接的に患者である国民に被害が及んでいるわけです。

 

本来は医療ミスが起こった場合、攻める相手は医師ではなく

国です。

 

早く国は国民皆保険制度に変わる制度を作るべきでしょう。

もしくは、制度を修正するべきでしょう。

 

毎月何万もの医療費を搾取されてるわけですから、

きちんとした医療制度を作って欲しいものです。

自分たちの年金やボーナスばかり増やさずに。