読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質オフっていうけれど

最近糖質オフの飲料などが流行っています。

 

あたかも健康的な雰囲気がありますよね。

 

ところで糖質ってなんでしょうか?

おそらくダイエットをしたいと思っている人で

この疑問に答えられる人は少ないかと思います。

 

簡単にまとめてみました。

 

糖質はご飯に含まれている

有名な事実ですが、糖質はご飯やパン、麺などに豊富に含まれています。そして糖質はグルコースブドウ糖)が結合してできています。

このグルコースが最も基本的な要素になります。

糖質が太るイメージがあるのはこのグルコースの過剰摂取が肥満の原因になるからです。

またグルコースは砂糖や果物にも含まれます。

 

グルコースが余ると脂肪になる

グルコースはエネルギー源として重要な働きをしますので、人間には不可欠の要素です。

ですが、余ってしまったグルコースは「脂肪酸」へと変換され、皆さんの大嫌いな「中性脂肪」へと進化します。

この怖い名詞中性脂肪のイメージが強すぎるため、糖質はまるで悪者のように扱われています。

だから糖質オフなんて言葉があるんです。

 

グルコースからATPができるんです

そう、ATPです。学生の頃に習いましたよね?!

ATP(アデノシン三リン酸)はリン酸が3つ付いているのでこの名前なわけですが、リン酸の結合がかなり強い力を持っています。

その結合が解消されるときに、強いエネルギーが発生するわけです。

このATPを効率良く作ってくれるのがグルコースなんですね。

だから必ず必要なものなんです。糖質は。

ちなみに脳のエネルギー源はグルコースだけです。

グルコースが足らないと頭が回らないんですね。

 

まとめ

糖質を制限するダイエットがありますが、個人的には反対です。

極度に痩せる目的があれば、糖質オフも必要かと思いますが

太らないことが目的のダイエットであれば

暴飲暴食さえしなければ、太ることはありません。

もちろん全く運動しないのであれば、話は違いますが。。。

結局ダイエットなんて

食事と運動のバランスなので、どっちかに偏っているうちは

ダイエットは成功しないと考えられます。